国際メンタルセラピスト協会のコラム

国際メンタルセラピスト協会 HOME > 国際メンタルセラピスト協会のコラム

『薬に頼らずメンタルを改善する』2020.04.07

こんにちは。
東京都新宿区(WEBで全国展開中)
『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家
「国際メンタルセラピスト協会」チーフメンタルセラピストで薬剤師の甲斐かおりと申します。

メンタルセラピーはカウンセリングとは違い、未来指向型で「悩みを自己解決出来るよう
になる」ためのものです。身の回りにあふれるストレスとうまく付き合い、再発しないよ
うにメンタルを改善します。メンタルセラピーは、今までにない心と体へのアプローチで
す。

眠れない、疲れやすい、体が重たい、というような症状が続くと病院へ行きお薬を処方さ
れる方が多いのではないでしょうか。一般的な薬剤師は、処方されたお薬をお渡しする際
、「これで眠れるようになるといいですね」とお渡しします。メンタルセラピーを学んだ
薬剤師は「これで眠れるようになったらどうしたい?」と質問するんですよ。変なこと聴
く薬剤師だなって思われることが多いのですが(笑)目の前のことでなく、もっと未来に
目を向けてお薬を飲むのでお薬に依存する方が少ないのです。
薬に頼らずメンタルを改善するのがメンタルセラピーです。
ご興味のある方はぜひ、国際メンタルセラピスト協会までお問合せください。

国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島
賢也精神科医が考案した、面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタ
ルセラピーを行っております。

また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。
ご参加をお待ちしております。

『足るを知る』2020.04.06

みなさんこんにちは!
東京都新宿区(WEBで全国展開中)
『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家
「国際メンタルセラピスト協会」の事務局でもあり、
チーフメンタルセラピストでもある 木村恵です。


メンタルセラピーには「足るを知る」という考え方があります。
今、既に持っている幸せや、ただ生きていることに満たされるという意味です。


突然ですが、今1億円欲しいですか?
1億円なんて一般市民には夢のような金額。
多分ほとんどの方が欲しいと答えると思います。


では、もし自分の大切な家族やペット。
「1億円あげるから譲って下さい」と言われたらどうでしょう。
絶対に譲らないですよね?
と言うことは、あなたは1億円以上の価値のものを既にもっていたのです!
1億円以上の価値のものを持っているあなたは、今とっても豊かですね!


今、コロナウイルスにより、世界中でこれまでの生活が脅かされています。
当たり前の健康、当たり前に受けられる医療、当たり前に働ける場所、
当たり前に手に入る食料、当たり前に受けられる教育、
その他当たり前に受けられる各種のサービス。。。
全てが「当たり前ではなかった」と、
危うくなってから改めて気づいた方も多いのではないでしょうか。


その「当たり前」がなくなったらどうしよう・・・
とむやみに不安になるのではなく、一つひとつに感謝して過ごしたら
毎日がとってもハッピーになります。
そして幸せを見つけるのが上手になりますよ。
こんな、幸せを見つける思考のお手伝い、
ご希望の方は現在はzoomによるオンラインセッションがおすすめです!


国際メンタルセラピスト協会では
【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、
面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。
木村恵のホームページはこちらになります。
https://peraichi.com/landing_pages/view/happytail
また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。
ご参加をお待ちしております。

『アフターコロナ』2020.03.30

みなさんこんにちは!
東京都新宿区(WEBで全国展開中)
『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家
「国際メンタルセラピスト協会」の事務局でもあり、
チーフメンタルセラピストでもある 木村恵です。

みなさんいかがお過ごしですか?
コロナ騒動も少し落ち着いてきたのかなと思っていた矢先のこの週末の外出自粛。
(この記事は2020.3.28に書いています)
自分や家族がコロナに罹患してしまったら・・・という心配もさることながら、
仕事は?4月からの学校は?経済は?医療は?
とあらゆる不安に駆られている方も多いのではないでしょうか。

メンタルセラピーでは
「起こったら困ることを心配するよりも、起こったら嬉しいことに気を配ろう!」
という考えがあります。
手洗いや外出自粛など出来うることは対策した上で、無闇に不安にならない。
そして『アフターコロナ』で自分は何をしたいか、どうなっていたいか、
ワクワクする方へ考えをシフトしてみてはいかがでしょうか。

例えば私なら、今は現状セミナーもできないし、なかなか活動ができていない。
それなら、これを機に今まであまり積極的に取り組んでいなかった
zoomなどを用いたオンラインでのセッション、セミナーの活動に力をいれてみよう。
そしてアフターコロナではそれが当たり前になっていて、
日本全国にクライアントさんができたらいいな。
そのために今日、今できることは?
オンラインでの活動をもっと告知していこうかな、それにはHPも少し直した方がいいかな、
オンラインの予約が殺到したらどうしましょ♪と考えていきます。

プライベートでも、アフターコロナでは家族でお出かけしたいなぁ、どこいこう?
気候もいいからお弁当もってピクニックもいいなぁ。
お弁当何いれようかなあ。今からどこに行こうか下調べしておこう!
といった具合です。いかがですか?ワクワクしてきませんか?

起こってしまったことは仕方ない。
けれどそれをどう捉えるか?
この件から学ぶべきこと、学べることは何か?
これを機に自分は何に気づきどう変われるのか。
個人の生き方考え方が問われ試されていますね。

アフターコロナのワクワクのお手伝い、ご希望の方は
zoomセッションで一緒にワクワク考えていきましょう。

国際メンタルセラピスト協会では
【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、
面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。
木村恵のホームページはこちらになります。
https://peraichi.com/landing_pages/view/happytail
また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。
ご参加をお待ちしております。

『あなたはどうしたい?』2020.03.27

皆さんこんにちは。

東京都新宿区(WEBで全国展開中)『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家「国際メンタルセラピスト協会」
心と体の保健室J.C.A新潟支部代表の治面地(じめんぢ) 学です。
国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、
面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。
今日は最近まで受講していたスクールのお話をさせていただきます。4ヶ月続いた自分の好きを見つけるライクワークスクールが最終発表を終え
全日程を終了しました。
この4ヶ月間、これから私が事業を進めていく上で自分がどうしたいか、どうなっていきたいか、何をやるかをより真剣に、そしてより深く、
より詳細に考え、言語化することができました。
自分で考えて決められたのでとても府に落ちました!
やらなければいけない、やらされていると感じながら生きることも多い(と思われる)この世の中で、人に言われたからでなく、自分の好きを大切にして、
自分がこれからどうしたいかを考えて、行動に移していく時代がもうそこまで来ているのかもしれない。
そう思えたスクールでした。
おそらくこれはこれからの働き方にも重要になってくることだと思います。ここまで多くの時間を自分との対話に使う機会なんて
なかなかなかったので、今回参加して本当によかった。
これから私の事業(このスクールでは主にメンタルセラピーに重点をおき考えました)を進めていくためのベースになる考え方をここで
養うことができました。まずは心に不調を感じている人や生きづらさを感じている人が「この人なら相談してみようかな」そう思ってもらえるような
情報発信をしていく予定です。よろしくお願いします。

国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、面談メンタルセラピー・
電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。

また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。
ご参加をお待ちしております。

『これからの新しい形のカウンセリング』2020.03.24

東京都新宿区(WEBで全国展開中)『これからの新しい形のカウンセリング』
メンタル改善の専門家「国際メンタルセラピスト協会」の事務局でもあり、
チーフメンタルセラピストでもある 大八木みどりです。

「メンタルセラピスト養成講座」は、私の人生を大きく変えたと言っても過言ではない
素晴らしい学びの場でした。

メンタルセラピストとして、お仕事ができるということも大きなことですが、
他にもたくさんの素晴らしいことがありました。
当初、私は精神科で働く知人の看護師から医療現場の実態を聞いていたことや、
家族に心配なことがあり、受講を決めました。

そのような理由で受講した私は、自分には何も問題はないと思っていました。
しかし、学びの中で、府に落ちた瞬間があり、長年、網膜に水が溜まる疾患で左目が
見えづらくなっていたのが、受講中に一瞬にして、見えるようになる驚きの体験をしました。
症状は体からのメッセージ、苦しい考え方や生き方をしていたのは、実は私自身だったと
気づかされました。
私は、過去を責め、見たくないことに目をそむけ、
そのことにより眼に不調が起きていのかもしれません。
心と体は繋がっていることを理解した私は、他の疾患も手放すことができました。
同時にメンタルセラピー的な考えをすることで人間関係もスムーズに動き始めました。
元々、心配していた家族は、私が変わることで見事に解決し、
毎日笑顔溢れる日々を送ることができるようになりました。

この体験からメンタルセラピーでもっと多くの人を笑顔にしたいという夢ができました。
私の想いと共に、メンタルセラピーの素晴らしさを発信し、多くの方に共感頂いております。

メンタルセラピストは、現在の日本に益々必要不可欠の、存在になることでしょう。
これからもメンタルセラピーを広げていきたいと思っておりま
す。


国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、
面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。
大八木みどりのホームページはこちらになります。
https://peraichi.com/landing_pages/view/midorio

また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。
ご参加をお待ちしております。
添付ファイル エリア

『これからの新しい形のカウンセリング』2020.03.23

はじめまして。
東京都新宿区(WEBで全国展開中)
『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家
「国際メンタルセラピスト協会」の事務局、木村恵と申します。
私はメンタルセラピーをはじめたきっかけは、
私自身がとても苦しんでいたからです。
私は毒親育ちで 過干渉に育てられ、
(と自分では思っています)
小学1年生の頃から心身に不調が現れはじめました。
以来、数十年に渡り過食嘔吐やパニック障害、心気症など
自分自身に子どもが生まれてもなお 色々な苦しい思いをしてきました。
なんだか生きづらい なんだかつまらない
幸せばはずなのにどこか満たされない
つい他人の顔色を伺ってしまう
つい「どうせ自分なんて・・・」と思いがち
いつも健全な人間関係が築けない
褒められても素直に受け取れない・・・など
常にこういったもやもやを抱えて生きていました。

そして自分で心理学を学んだり、カウンセリングを受けたり
カウンセリングの学校に通ったり、本を読んだりして
この苦しさが 「自己肯定感の著しい低さが原因」
というところまでたどり着きました。
しかしそこまでたどり着いていながら
そこからなかなか這い上がれずにいたところ
「うつヌケ」ドクターである精神科医の宮島先生考案の
『メンタルセラピー』に出会い、
今までの自分がウソのように毎日がキラキラしはじめました。

今では自分自身も 子どものことも愛しているし
重度の疲労感で育児もままならなかった私が
今では育児をしながら仕事もかけもちし
毎日楽しく飛び回っています。
私のように自己肯定感が低いが為に
何もかもうまくいかない、元気もない、生きづらいという方に
ぜひメンタルセラピーを受けていただきたいと活動を始めました。
今は個別セッション(zoom可)、セミナーの活動通じて
少しずつキラキラ思考のお手伝いをさせてもらっています。

国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、
面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。
https://peraichi.com/landing_pages/view/happytail

また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。
ご参加をお待ちしております。

『これからの新しい形のカウンセリング』2020.03.17

こんにちは。
東京都新宿区(WEBで全国展開中)
『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家
「国際メンタルセラピスト協会」の事務局、甲斐かおりと申します。
メンタルセラピーはカウンセリングとは違い、未来指向型で「悩みを自己解決出来るよう
になる」ためのものです。身の回りにあふれるストレスとうまく付き合い、再発しないよ
うにメンタルを改善します。メンタルセラピーは、今までにない心と体へのアプローチで
す。
国際メンタルセラピスト協会では、メンタルセラピスト養成講座を行っています。
この養成講座をお仕事や地理的問題で受講できない方のためにWEBでの受講も可能です。
私はWEB版の担当講師をさせていただいております。
ご興味のある方はぜひ、国際メンタルセラピスト協会までお問合せください。
国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島
賢也精神科医が考案した、面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタ
ルセラピーを行っております。
また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。ご参
加をお待ちしております。

『うつ病元大学教員がうつ病を克服して決めたこと』2020.03.16

皆さんこんにちは。

東京都新宿区(WEBで全国展開中)『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家「国際メンタルセラピスト協会」、心と体の保健室J.C.A新潟支部代表の治面地(じめんぢ)学です。

私は新潟県柏崎市を拠点に活動している、チーフメンタルセラピスト、メンタルコーチ、メンタルアドバイザー養成講師、柔道整復師です。
なぜ私が柔道整復師(接骨院の先生)をしながら、うつヌケの専門家をしているかというと…実は私自身、うつ病を患った経験と克服した経験があるからなのです。
私は前職の4年間を大学教員兼大学院生として過ごしていましたが、そのうちの3年間は服薬治療によるうつ病治療を行っていました。治療期間中に再発を経験するなど自分のうつ病がなかなか良くならないことに悩んでいました。
何とかしたいと思ったときにメンタルセラピーに出会いました。
メンタルセラピーを通してありのままを受け入れ、自分の意志でうつになりやすい苦しい考え方や生き方を少しずつ楽になるように変えることでうつ病からの回復を経験しました。
それに伴い、飲んでいた薬の量も徐々に減っていき、やがて飲まなくてもよくなりました。
うつ病を克服して思ったことは「薬だけに頼っていてもうつ病は治らない」、「自分の意志でうつ病を克服(やめることが)できるのではないか?」ということです。
そこで、この経験が誰かの役に立てばいいと思い始めたのが、メンタルセラピストとしての活動です。
また私は、うつ病を通して本当に人の助けが大切であることを実感しました。
今度は私が人の助けになりたいと思い、まずブログなどによる情報発信を行うことを決めました。
うつ病(またはうつ状態)で悩んでいる人(本人やその家族など)にもそうですが、自分の置かれたところで生きづらさを感じている人の助けの1つとなるような情報を発信できればと思っておりますのでよろしくお願いします。
国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。
また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。ご参加をお待ちしております。

『国際メンタルセラピスト協会の事務局です』2020.03.13

こんにちは、初めまして。
東京都新宿区(WEBで全国展開中)
『これからの新しい形のカウンセリング』メンタル改善の専門家
「国際メンタルセラピスト協会」の事務局長大八木みどりと申します。
本日は、国際メンタルセラピスト協会の事務局について、どんなことをやっているのか?
紹介させていただきたいと思います。
現在、3人体制で事務局を運営しております。
全員、メンタルセラピストです。

メンタルセラピスト養成講座の卒業生に、月に一度通信を発行しております。
その名は『メンセラ通信』(メンセラは、メンタルセラピーの略称です)
メンセラ通信では、勉強会や、イベントのお知らせ、お役に立つ情報を掲載しています。
メンタルセラピスト養成講座を修了しても、ずっと繋がっていられるので安心です。
現在、国際メンタルセラピスト協会では、メンタルセラピストを募集しております。
私たちの仲間になって、ご一緒に笑顔を広げるお仕事をしてみませんか?
国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した、
面談メンタルセラピー・電話メンタルセラピー・メールメンタルセラピーを行っております。

また、東京でメンタルセラピストの養成講座の説明会も定期的に開催しております。ご参加をお待ちしております。