コラム

【体験記42】これからどうしたいかを決めた(養成講座3) 2020.12.08

自分のうつを2つの方法で改善した元大学教員、心と体の保健室J.C.A新潟支部代表のメンタルセラピストじめちゃんです。

ここでは私のうつ病体験談を投稿しています。

うつ病発症、再発、回復と断薬、そしてその後の出来事について書いていきます。

何か1つでもうつ克服のヒントになることを願って。

ここからが本日の投稿になります↓

「(お金などの物理的な縛りが全くないとして)何でも叶うとしたら何したい?」
前回の投稿では、
「他人は変えられないが、未来と自分は変え放題」
という言葉から、
他人からの承認を求めるような苦しい生き方を辞めて、自分が心から楽しく喜びを感じられる生き方をしていく決意をしたことを話しました。
では具体的にこれからどうするか?
それを考えるきっかけになった言葉がありました。
それが、
「(お金などの物理的な縛りが全くないとして)何でも叶うとしたら何したい?」
メンタルセラピーはうつの症状をなくすことがゴールではありません。
ここをゴールにしてしまうと、症状が出るたびにゴールの間を行ったり来たりしてしまうという問題が出るからです。
例えばうつ病から回復(緩解)し仕事に戻ったとしても、うつ病を発症した時と同じような負担がかかれば
またうつ病になるということ。
↑これは私も経験したことですが、この時は症状が出ないようにすることばかり考えていました。
以前、「症状は体からの愛のメッセージだ」

という話をしました。
振り返ってみると、症状が出ているときは私の中に喜びや楽しみがない
ということに気付きました。
なら本当のゴールは症状の改善ではなく、症状が少し出たとしても私が喜びや楽しみを感じ続けられる生き方をすること。
これこそがメンタルセラピーのゴールである「これからどうしたいか」、「どうなりたいか」に繋がります。
だからこそ、「(お金などの物理的な縛りが全くないとして)何でも叶うとしたら何したい?」という質問が重要になってくるわけです。
その問いかけに対し当時私が考えたことは、
1 接骨院の先生をしながら、この講座でうつ病から立ち直ってメンタルセラピストになったら、同じようにうつで悩んでいる人の力になりたい。
2 心と体の健康作りができる拠点を作ること。
でした。
人と接したり(教員として学生を教えること、患者さんを治療することなど)、人に何かをする仕事が自分は好きだと接骨院の手伝いを通して思い出しました。
また、好きだと思っていた研究はいつの間にか嫌いになっていたということにも気付きました。
「どういう形であれ、自分の好きなことができる道を選びたい。そしてそれを選び続けたい」
そう思い、接骨院の先生とメンタルセラピストの道を選ぶことに決めました。
それと同時に今までずっと決めかねていたことを今度は自信を持って決めることができました。
それは大学を辞めること。

もちろんうつ症状が原因のネガティブからくる考えではありません。
だってやることが決まって、やっと決断ができたのですから。
「今までの大学生活が無駄になったとしても、自分の決めた道で生きたい」
そう明確に思えたから決められました。
だから一度立ち止まって
「(お金などの物理的な縛りが全くないとして)何でも叶うとしたら何をしたいのか?」、「これからどうしたいのか?」、「これからどうなりたいのか?」
を考えてほしいのです。
もし上記のことを考えてなかったとしたら、次の行動に出る前に一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか?
私は、
「どういう形であれ、自分の好きなことができる道を選びたい。そしてそれを選び続けたい」
という決断を基に自分の道を決めました。
後はどの段階でうつ病を手放すかだけとなり、「まずは自分の道のために服薬治療を辞めよう」そう考えてもう一度断薬を行うことを決めました。
しかし、主治医にはずっと服薬は続けるようにと言われているし、離脱症状の恐怖もありました
https://note.com/jimechan0311/n/n330528ad3e55?magazine_key=mc6020b8d842e)。
このハードルはどうやったら越えられるのだろう。
それを越えるヒントが養成講座の精神薬の講義の中にありました。
そのヒントとは…(続く)





私が所属する国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した『これからの新しい形のカウンセリング』であるメンタルセラピーを面談、Zoom、メールなどの形式を用いて行っております。

また、東京(またはオンライン)で定期的にメンタルセラピスト養成講座の説明会も開催しております。ご参加をお待ちしております。

セラピストになって自分の心も元気に、そして相手の心も元気にするお手伝いを一緒にしてみませんか?

メンタルセラピーのご希望、養成講座のお問い合わせはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/kokokarahealth