コラム

【体験記20】うつ病再発前の症状②【うつチェック6】 2020.09.24

自分のうつを2つの方法で改善した元大学教員、心と体の保健室J.C.A新潟支部代表のメンタルセラピストじめちゃんです。

ここでは私のうつ病体験談を投稿しています。

うつ病発症、再発、回復と断薬、そしてその後の出来事について書いていきます。

何か1つでもうつ克服のヒントになることを願って。

ここからが本日の投稿になります↓

「不眠、疲労感が続いている」

うつ病再発2週間前。

今までにも経験したことがあった不眠の症状が続くようになっていました。
この頃は仕事で凹むことが多かったのですが、初めてうつ病を経験した時と比べて気持ちをコントロールできるようになっていました。

「凹んだけど、まあ何とかなるだろう」と。
気晴らしに外に散歩に出かけたり、休日はゆっくり休んだりとガス抜きも心がけていました。

ただ、いつもより疲労が抜けにくいと感じるようにはなっていました。
症状は出ていても、うまく心を守ることができている気がしていたので「何とか乗り越えることができるかも」と考えていました。

よくわからない自信があったのです。
しかし、その考えは砕かれてしまいます。
再発1週間前になるとさらにたくさんの症状が出現し、いよいよ動けなくなってしまったのです。

その出来事と症状とは…(続く)



私が所属する国際メンタルセラピスト協会では【自分の「うつ」を治した精神科医の方法】の著者宮島賢也精神科医が考案した『これからの新しい形のカウンセリング』であるメンタルセラピーを面談、Zoom、メールなどの形式を用いて行っております。

また、東京(またはオンライン)で定期的にメンタルセラピスト養成講座の説明会も開催しております。ご参加をお待ちしております。

セラピストになって自分の心も元気に、そして相手の心も元気にするお手伝いを一緒にしてみませんか?

メンタルセラピーのご希望、養成講座のお問い合わせはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/kokokarahealth