凹んだら読む本_第二章(12)

国際メンタルセラピスト協会 HOME > 凹んだら読む本

『凹んだら読む本』_第二章(12)2021.12.24

12.昼ごはんは「軽め」にする

午後の眠気対策には、血流が胃腸に集中しすぎるのを防ぎ、血糖値の乱高下を抑える食べ方を


ランチの後、眠くなって仕事の効率が悪くなることはありませんか。
こうした眠気から、ときには思わぬミスをして、新たな「凹む原因」になってしまうことも/あるでしょう。
お昼に重い食事をすると、そのあと眠くなってしまうので、私自身も昼ごはんは軽めにしています。

食後に眠気が襲ってくる原因の一つは、食事後は内臓が消化活動を行うために、血流が 胃腸に集中するからです。
これによって脳の血流が少なくなって脳の活動が低下し、眠くなるのです。
ですから、午後も仕事をしなければならないサラリーマンやOLの方は、昼ごはんを軽めにしたほうが、消化の負荷も軽くなり、眠くなりにくいわけです。
食後の異常な眠気の原因の二つめは、「インシュリン」の分泌量の乱れによって起こります。
インシュリンは、主に炭水化物の分解を調整するホルモンで、血糖値を一定に保っ 働きを持っています。
この分泌量が乱れる原因は、「膵臓」への過度な負荷にあります。
食後の眠気は、食事で摂り入れたブドウ糖を分解するインシュリンの分泌量が正常にコン第2章 凹まない朝と昼の習慣トロールされていないことによって起こります。
食後は、食事で摂った糖質によって、多くの人は血糖値が上がります。

血糖値が上昇している間は高血糖の状態であるため、多少の程度の違いはありますが、身体のだるさや眠気が起こります。
正常であれば、およそ3時間ほどで元の血糖値に戻るため、食後に時間が経つにつれ、そうした眠気やだるさも取れてきます。
現代の食生活は、加工食品や人工甘味料を多量に含む食品が多く、知らないうちに多くの糖質を摂っている場合があります。
たとえば缶コーヒーや清涼飲料水にも、多くの砂糖が使われています。

食後の一時的な血糖値上下による眠気を改善するためには、食事の食べ方も大切です。
血糖信の上昇を緩やかにするには、食物繊維の多い野菜から先に食べることがおすすめ。
血糖値を上げるうどんや丼ものなどの炭水化物は控えめにし、腹八分目で抑えることもポイントです。

また、水を飲みすぎてしまうと、消化液の酸が薄まり、結果的に消化をじゃまして消化器官に負担がかかります。この負担も眠気の原因となります。
缶コーヒーや清涼飲料水などの甘い飲み物を控えるとともに、消化液を薄めないように、食事中と食後しばらくは水分を取りすぎないことが大切なのです。

消化をすることは、実は身体にとっては結構な大仕事。
胃腸だけではなく、体内の消化 酵素がフル活動で消化にあたります。
よく噛んで、消化しやすい形にしてから飲み込むようにすれば満腹感も得られますし、食べ過ぎることもありません。
このように、午後の仕事を効率的に行うため、仕事のミスをして凹まないためにも、お昼ごはんはできればラーメンなどの炭水化物ではなく、野菜サンドウィッチとコーヒーなど、軽めのものがいいでしょう。
※クリックして拡大